ソケットレンチ 専門メーカー “Koken工具” 日本最大級の品揃え 

 
電話番号
電話、FAXでもご注文承ります
ご利用案内 ログイン 無料会員登録
こんにちは、__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
( 保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント /会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__ )



ソケットレンチ

ソケットレンチの差し込み角とは何に?

ソケットレンチ/ボックスレンチ には、四角い穴があります。

差し込み角-スクエア-角ドライブ イメージ画像

この穴のことを「差し込み角」といいます。

なぜ差し込み角かといいますと、ソケットレンチを使う場合には、必ずハンドルレンチ(例:ラチェットハンドルスピンナーハンドルなど)を使います。 そのハンドルレンチのヘッド部にある四角部分。この部分がソケットレンチと差し込まれるので「差し込み角」と呼ばれています。

コーケン ソケット差し込み角ドライブの写真

ちなみに差し込み角の大きさ(サイズ)は、この4角の2面幅の大きさとなります。
コーケン ラチェット差し込み角 2面幅イラスト

差し込み角は全部で8種類


小さいサイズから
①4分の1インチ(6.3ミリ)
②8分の3インチ(9.5ミリ)
③2分の1インチ(12.7ミリ)
④4分の3インチ(19ミリ)
⑤1インチ(25.4ミリ)
⑥1と2分の1インチ(38.1ミリ)
⑦2と2分の1インチ(63.5ミリ)
⑧3と2分の1インチ(88.9ミリ)

※基本的にインチの呼び名が一般的な理由は、アメリカでソケットレンチのツールが誕生した背景がございます。

ちなみに 四角を英語で言うと スクエア(square)と言います。 このsquareの最初の2文字 “sq”を取ってサイズ呼びしております。 例えば・・・6.3sq とか 1/4sqなどです。 また別名でsquare drive(角ドライブ)と呼ぶ場合もあります。 その場合、1/4dr などで表記されます。

差し込み角 = スクエア = sq = 角ドライブ = dr これらは全て同じ意味で四角の呼び名です。

上記の呼び名以外にも2分、3分、4分、などもございますが、最近はインチまたはミリで呼ばれることが多くなりました。


なぜ差し込み角には、いろいろなサイズが存在しているのか?


当たり前ですが、ネジの大きさによって締め付けや緩めるチカラが違います。
例えば、パソコンのネジから道路や鉄道、橋などに使われる大きなネジなど
一つの差し込み角で全てのサイズのネジを緩めたり、締めたりすることは不可能なのです。

コーケン 差し込み角ドライブの大きさ違いイメージ

実は 差し込み角が大きいほど、レンチ(工具)自体も大きくなり、耐久性も高くなります。
これによって差し込み角の大きさで、ソケットレンチの大きさが決まってくるのです。 

例えば・・・

①4分の1インチ(6.3ミリ) → 3ミリから14ミリ
②8分の3インチ(9.5ミリ) → 5ミリから27ミリ
③2分の1インチ(12.7ミリ) → 6ミリから46ミリ

「バイクやクルマをメンテナンスするときは、4分の1インチと8分3インチをもっているといい。」と言われるのは、
ソケットレンチのサイズ範囲でメンテナンス(整備)が出来るからです。 
*実際には足回り、タイヤ交換などで2分の1インチを使用しますが、本格的に作業をする場合以外はあまり出番が少ないサイズです。

差し込み角が違うと、互換性が無いので注意が必要!




差し込み角ドライブのサイズが合わないイメージ画像

上の写真のように、差し込み角が違うと、レンチ同士が差し込むことが出来ません。

ソケットレンチを購入する際は、最初に回すネジのサイズを調べて、更に持っている工具の大きさも考えてから選ぶことをおすすめします。

差し込み角が違う同士のレンチも、変換アダプターがあれば使える!


実は、ソケットレンチとハンドルレンチの差し込み角が違う場合でも その間にアダプターを組み込ませることで使うことが出来る便利なソケットレンチがあります。

その名も変換アダプター(差し込み角 変換アダプター)

*変換アダプター写真

このアダプターを使うことで、ハンドルレンチソケットレンチを上手く使いこなすことが出来ます。

例えば・・・

①4分の1インチ(6.3ミリ) → 8分の3インチ(9.5ミリ)
②8分の3インチ(9.5ミリ) → 4分の1インチ(6.3ミリ)
③2分の1インチ(12.7ミリ) → 8分の3インチ(9.5ミリ)
④8分の3インチ(9.5ミリ) → 2分の1インチ(12.7ミリ)

いろいろなタイプが揃っているので、適合するソケットレンチを持っていても、 ハンドルレンチが無い場合、このソケットアダプター(変換アダプター)を使えば、使えるレンチが増えるのです。


*****変換アダプター使用注意点******
ソケットアダプター(変換アダプター)を使うときの注意点は、
小さいサイズの気持ちになってチカラを加えてください。 

例えば・・・

①4分1インチを8分の3インチのレンチで使うときは、
4分の1インチのチカラ(トルク)しかかけられない。

ハンドルレンチ
が大きいサイズで、ソケットレンチが小さい場合 大きなチカラを加えることが可能ですが、ソケットレンチや変換アダプターに規定以上のチカラが加わって
工具の破損やケガの元となります。変換アダプターを使う場合は十分注意してお使いください。

ソケットレンチの通販でおすすめは?・・・

ソケットレンチは欲しいけど、どんな工具を選べば良いかわからない!
そんなお悩みをお持ちのアナタ!

当店では、ソケットレンチ 5,000種類以上の中から
ソケットレンチ専門店として的確なアドバイスをさせていただきます。
ソケットレンチでお困りのごとがございましたら、
是非コーケンツールショップへお気軽にお問い合わせください。

ソケット/ソケットレンチの商品一覧はこちら

カレンダー
  • 今日
  • お休み
  • 臨時休業


定休日:土日祝日

営業時間:10:00~17:00

ページトップへ